予備校を受講する費用

受験対策と予備校について

大学受験と予備校選び

大学受験に備えて予備校に通う人は多数いますが、費用については受講する教科数によって異なります。大学に進学する際には推薦入試など、一部試験を受けなくても進学することが出来ますが、一般的には入試を受ける必要がありますので、高校での授業でカバーできない分野に関しては予備校に通うことで十分受験に対応できるレベルまで成績を上げることが出来ます。一つの目安としては、通塾にかかる費用は一般的に一年間で100万円前後と言われています。これは目安ですので、もう少し安くなったり逆に高くなることもあります。現役生は高校に通学する必要がありますので、それ以上高くなることは少ないですが、浪人生の場合は学校に通っていませんので予備校で過ごす時間が長くなり、1日の半分程度を受験勉強についやすことも珍しくありません。そのため、現役生よりは費用は高くなるケースが多い傾向にあります。ここ数年、私立大学の入試は人気大学の場合狭き門になってきています。少子化の影響を受けず、有名大学や難関大学に人気が集中する傾向にあり、特に都心部の有名大学の倍率は高くなってきています。そのため、早めに予備校に通って備える学生が多く、高校一年生から通うのも一般的です。

↑PAGE TOP