状況によって変わる予備校

合格の為の受験予備校の選び方

受験を制するための予備校選び

受験生にとって、どの予備校に通うのかどうかは重大な決定事項になってきます。しかし、どの予備校にするのかどうかは受験生の状況によって全く変わってきます。現役生なのかどうか、浪人生なのかどうかによっても、受験勉強にかけられる時間は変わってきますし、取るカリキュラムも変わってきます。現役生の場合、まだ高校三年生ですと、部活の引退前は部活動にも時間を割かなければならないでしょう。もちろん、日中は学校の授業に宿題もありますから、受験勉強にのみ集中できる時間は限られています。その為、いかに効率よく自分の弱みをピンポイントで解消していくのかが問われます。全国模試などで自分の順位や学力を明確にし、苦手な部分を中心に学習出来るような予備校を選びましょう。また、選び方としてはやはり家と学校の距離から近い方が良いでしょう。部活の後でも通うことが出来るように、あまり離れた場所まで通われるのは時間が惜しく、その時間をもっと勉強にあてたほうが効率的です。浪人生の選び方の場合は、より自分の目標とする大学に強い予備校を選ぶべきでしょう。現役生とは違い、選び方としては設定したハードルを越えるためのノウハウを持った予備校まで通われる方が浪人生にとっては効率的でしょう。

↑PAGE TOP